現代魔法を操る世界


by kagurayouyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

社会的利益の還元を受けて真剣にありがたいと思う人は何人いるだろう?

【プログラミング】
mixiに個人的な日記を載せているので、
なんだかこっちは本当にアカデミックな話題とかニッチな話題になってしまった。
で今日もまた一応プログラミングな話題。
参考になればどうぞ。

プログラムを開発して公開することによる社会的利益はどれくらいだろうか?
それはOSSでもバイナリでもいいのですが。
Linux,Unix世界では64-bitの関係などによってたくさんあるのでバイナリは難しいですね。
(現在私の環境では自分のPCは32bit、
計算用PCは64bitなのでいちいちFTPでソースを送って、コンパイルをしなければならない。
一手間かもしれませんが、一手間というのはたいてい大量に行う可能性が高く、
めんどくさいことが多い。)

もっと絞っていうのも現在よく使われるSVMのツールは
・SVM-Light
・libSVM
・TinySVM
ですね。

もちろん3つあるには理由があって、
最新技術という意味ではSVM-Lightが良いみたいです。
libSVMはスクリプトやインターフェースの使いやすさでは定評があります。
TinySVMは国産ということや、計算速度の速さ、P/Rの値を出してくれたりと使いやすいです。

でもちろんそれぞれを合わせられる箇所と言う部分もあるわけです。
しかしできないのはソースを2つ以上読まなければならないこと。
SVMを学んで、その意欲があり、公開できる人かな?
これは結構無駄というか。
単純に開発の部分に入るので研究者の人たちはあまりしない気がします。
それをするならもっと良い方法を考える時間に使うかと。
ならば趣味で行うレベルになってしまい誰がするのでしょう?

なので趣味ではなく自分の時間を削ってまで問題のプログラムを単に開発して、
公開することにどれくらいの利益があるのでしょう。

もう少し条件のようなものがあって、
それぞれの先駆者たちは自分たちのツールを開発しているので、
それを非公開にしている(非公開は当たり前ですね。利権関係もありますから)
これを使用しているので公開されているツールは必要ないことが多いと予測すると、
このような公開ツールを使うのは学生や趣味でしている人(まさに私)で
そのような人たちに使ってもらうのに公開することでその人たちに利益はあるのかと言うことですね。
学ぶ時間短縮ではなく、長い目で見て、ソースを勉強した方が良いなども含めると。
つまり下手に教えすぎると何も学べなくなる状態になるのと同じです。
そこら辺のジレンマ。
[PR]
by kagurayouyou | 2006-09-09 09:23 | プログラミング