現代魔法を操る世界


by kagurayouyou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十分条件の必要条件

【人工知能・無脳】
人工無脳はたいてい文字列を取り扱っています。
予測として、文字はなくならないでしょう。
(固有の言語はなくなるかもしれませんが)
で日本語が消える可能性としてありえるのでしょうか?
つまり言ってしまえば、日本語を対象とした人工知能・無脳は長年にわたって
行われていますが、数百年後に無くなるという可能性はあるかどうかです。
核実験が行われたそうですし。
まあ、結論はわからないので一応は大丈夫だろうという私の見方です。
で、今少しずつ、ほんの少しずつしているのが、文字を使用する条件です。
統計的にするのも間違いは無いのですが、やっぱりルールベースありきなのではないか、
と思うのです。生成の分野にも被りますが、解析の分野にも欠かせません。
それならすでにあるじゃん。
とか言われそうですが、私の行っていることはメタレベルでの解析に挑んでます。
例えば、

・句点「。」の使い方
---句点である必要条件
前後に節をもつ場合は、句点である。
---句点である十分条件
句点が続く場合。たとえば「。。。」などの場合、句点の意味を持つかもしれないし、
記号である場合がある。
---句点でない必要条件
記号が連なっており、絵文字データベースに照合して適合した場合、句点でない。
---句点でない十分条件
記号が連なっており、絵文字データベースに照合して適合しない場合、
句点でない場合がある。

などとあるなしの必要条件、十分条件の4パターンのルールベースを作成中です。
ただ句点である十分条件と句点でない十分条件は同じような気がするので、
3種になるかもしれません。

これは信頼度の高い人物からの忠告の場合、ルールを改変できるようにできます。
例えば、前後に節を持つ場合、句点で無い場合もある。
と言われれば、十分条件に下げることができるようにしたいです。
しかしそれをする場合、というよりこの条件はもちろんif文に他なりません。
忠告は現在のところ定型かプログラムを組む人しかできないでしょうから、
信頼度の高い人物というのも製作者に限られるでしょうけど。
[PR]
by kagurayouyou | 2006-10-09 22:02